転職について 私は現在22歳の任期制自衛官です。 来年の3月2任期終え

転職について 私は現在22歳の任期制自衛官です。
来年の3月2任期終えて転職するのですが、現在ビルメンテナンス系に行こうか迷ってます。
しかし調べてみると
「若い人は来ない方が良い」
「その年ならもっと別の道がある」
「20代でビルメンwww」
のような若い人はやめた方が良いとする書き込みが散見されます。
本当にこの歳でビルメンはもったいないのでしょうか?
最終学歴は高校卒
資格は取得目指してるものを含めて、
第2種電気工事士
二級ボイラー技士
消防設備士四類
危険物乙4
第3種冷凍機械
です。



自営業の電気工です。
この知恵袋にビルメン転職の事が、投稿されます。
まず言いたいのは、給料面ですが、今貴方の給料より下がるのは、間違え有りません。基本的に、電気工事会社を定年で退職し年金をもらいながら勤める様です。
22歳高卒なら、自分自身が、理想とする仕事(会社)も見つけられなく無いと思います。
社会に出て何がやりたいか、よく考えましょう。
◆ビルメンなんか、30代になってから考えれば良いような職種です。
20代なら他に何でも出来る年齢だとご理解下さい。
質問者さんはなぜビルメンを選ばれましたか?
最良の将来は、そのまま陸曹になって、自衛隊に居続ける事です。
◆22歳でも人によると思います。
ぼーっとした性格でやる事がなくてもずっと座って居られるな向いていると思いますが、そうでなければ、楽の域を通り過ぎて苦痛になります。
なので、22歳なら専門学校でも行って専門職(美容師、看護師、消防士、警察官など)にでもなった方が良いかと思います。
◆別段その人の能力ですから、勿体なくはないですが、給与が上がりにくいと言う事は事実です。
どうしても親会社から下りてくる人が多く、上に上がりにくいという事もあります。
ただ親会社はゼネコンや大手建設が多かったりしますから、それに引っ張られて小さな会社も比較的まともな会社が多いのかな。
少しつれないことわ言えば、自衛隊上がりって使えない人が多すぎます。
一見すると頑張るようにも思えますが、民間からしたら逆です。
使える人は少ないです。
自衛隊の除隊者を採用して欲しいと電話がよく来ますが、懲りています。
しかしビルメンだと時間が比較的ピシッと決まっていますし、マニュアルに乗っ取っての仕事が多く、あっているのでは。
そう言う意味では、社会への第一歩として考え、更に飛躍できるならば転職して良いのでは。
自衛隊上がりの人は転職が多いと聞いたことはありませんか。
社会とのズレです。
そのズレが少ない方が良いのでは。
◆「資格は取得目指してるものを含めて」って、書かれている全ての資格が必要と思いますが、それで求人に応募できるんですか?
私はここでお世話になりました。